北朝鮮兵がまた脱北、非武装地帯(DMZ)を越えて韓国側に逃れる。

北朝鮮兵がまた脱北、非武装地帯(DMZ)を越えて韓国側に逃れる。

C0A8CA3C0000015A314A3DE00044C2E_P4

1: 記憶たどり。 ★ 2017/12/21(木) 10:16:39.71 ID:CAP_USER9
北朝鮮の兵士1人が21日、韓国との軍事境界線に接する非武装地帯(DMZ)を越えて韓国側に逃れた。韓国国防省が発表した。

同省報道官によると、兵士は男性で「低い階級」。DMZの中央部分を横切って韓国側に逃れてきたという。

北朝鮮からは1か月前、軍事境界線にある板門店(Panmunjom)で兵士が韓国側に亡命したばかり。兵士は北朝鮮側から銃撃を受け、韓国で治療を受けている。
http://ift.tt/2kR2AJa 



北朝鮮住民と兵士が相次いで脱北した。

合同参謀本部は21日、北朝鮮軍1人が午前8時04分頃中部戦線の軍GPで脱北してきた。

軍当局は、北朝鮮軍亡命と関連して陸軍GPの歩哨と監視施設などでは、兵士を識別して身柄を安全に確保したと説明した。

亡命者は初級兵士であり、亡命の動機など追加事案については、合同調査チームで調査を実施していると、軍当局は付け加えた。


この兵士を発見した当時、前方は濃い霧に覆われ、100m以内の視界不良状態であり、亡命過程で味方との交戦はなかったと軍は説明した。

北朝鮮軍亡命と関連し現在、北朝鮮軍の特異動向はないと合同参謀は明らかにした。

合同参謀はまた、20日夜11時30分頃、独島北方100㎞で木造船に乗って南下する北朝鮮住民2人を海軍P-3C哨戒機が発見した、海軍艦艇が脱北の意思確認後、海洋警察に引き渡された。

北朝鮮住民と関連亡命の意思を明らかにした男性2人無動力船に乗って南下したことが分かった。

年齢、亡命の理由などは明らかになっていない。海軍は、亡命の意思だけ確認した後、民間人であるこれらを海洋警察に引き渡したと伝えられた。



New1(翻訳)
http://ift.tt/2kR2Bgc


続きを読む



続き